カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「クリストファー・クロス 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

夏のナツメロ

ふむふむ、今晩は深夜1時から、なでしこVSブラジル戦ね、

などとチェックを入れつつ、暑く、そして熱い日々を送っている

ということになりますが、まぁ、日本時間の深夜の闘い、

どうしても、途中で知らぬ間に眠りに落ちてるなんてことに

なりがちではあるのですが・・・、今のところは、なでしこジャパンの

奮闘ぶりを目にしたいと意気込んでたりもしています。

ということで、本日の一曲、早いとこアップしてですすね、

さっそく戦闘モードに入りたいと思っておりますが^^、今週は、

たとえ灼熱のごとく暑くても、やはり楽しい気分でいたい夏

ということで、夏らしいポップロックなテイストのサウンドで

お送りしています。

本日は、クリストファー・クロス(Christopher Cross)の

1979~80年のヒット「風立ちぬ(Ride Like the Wind)」の

ピックアップです。

79年発表の大ヒットアルバム「南から来た男

Christopher Cross)」に収録の一曲です。

日本でもヒットしたアルバムで、あのフラミンゴの絵の

ジャケットは、多くの人の記憶に残るものと思います。

やっぱこの人の声聴くと懐かしいという思いが先に立って

湧いてまいります。

「Ride Like the Wind」というタイトルから、何やら

ウィンド・サーフィンといった感じを思い浮かべたりもしますが、

実際には、風に乗るように、馬に乗って逃げろと歌われていて、

アメリカの西部開拓時代の無法者、逃亡者の歌になります。

(原詞、訳詞はコチラのサイト様で掲載されてます。

この曲について詳しくは同サイト様のコチラをご覧ください)

クリストファー・クロスは、アメリカのシンガーソングライター。

(詳しくはコチラWikiを)

ハイトーンヴォイスの透明な歌声は、とにかく爽やかで、

やはりこの時期にはピッタリということになります。

なので、この曲も馬に乗って逃げる悪人というよりは、

やはりウィンド・サーフィンの情景を思い浮かべた方が、

よっぽどしっくりくるのではと思われます^^

(過去にココでは、これも夏らしい一曲であり名曲「セイリング」、

そして、「ニューヨーク・シティー・セレナーデ」を

コチラ下方でアップしてます)

ということで、クリストファー・クロス、これもまた

考え出すとと解釈に苦しむような邦題の曲にはなりますが^^、

「風立ちぬ」です。



より高音質で聴けるYouTubeはコチラでどうぞ。

Christopher Cross - Ride Like the Wind





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

清涼感 溢れる海へ セイリング

海を思い起こさせる曲ということでつないでいる

今週のブログ★ラヂオ、本日はクリストファー・クロスです。

昨日の渋いしゃがれ声のクリス・レアに続いて、

今日は、うって変わって清々しい透明感のハイトーン・ボイスが

魅力のクリストファー・クロスということになるわけですが、

この辺の幅の広さ、ぶっちゃげ節操のなさが、ブログ★ラヂオ、

素晴らしいと思います(笑)

曲はそういった、透明感、爽やかさ、清涼感といった

クリストファー・クロスならではの曲で、「セイリング」です。

「自由を求めて航海に出よう」といった歌ですけどね。

(訳詞はコチラ←クリックで)

で、私、今回アップのこの映像は演奏がとても素晴らしいと思いました。

頭のハゲたオジサンが出てきたところで引いてしまってはいけません。

まず、その姿からは、想像もできない美声に驚かされるはずです。

そして、何よりもバックの人達の演奏が素晴らしいと思うのです。

こういった、起伏にとぼしい、ヌメーっとした、そして、透明感が命

といった曲を最後まで緊張感を保った形で演奏をするには、

相当の技量が要求されるはずです。

演奏を支える根底のところで、相当にビシッとして一糸乱れぬものがないと、

すぐにグズグズになってしまい本当にヌメーッとしてしまいそうです。

リズム主体のアップ・テンポの曲や、ダンスナンバーといったものより

実は、むしろこういった曲の方が、タイトでビシッとした

リズム感が必要になるのではと思います。

実際、同じ曲で若い頃のライブの映像もYouTubeにあったのですが、

こちらは、30秒で飽きてしまいました。

アップのこの映像には、スーっと引き込まれるものがあり、

最後まであっという間に集中して観れてしまったことが、

この記事を書くきっかけにもなってるのですけどね。

アメリカのミュージシャン達の底力を感じます。

ここで一句、

清涼感 溢れる海へ セイリング

清涼感 溢れる海へ セイリング

ということで、クリストファー・クロス、

1980年のヒットで「セイリング」です。



Christopher Cross - Sailing Live

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

バカラックな休日2

連休いかがお過ごしですか。

私は、できれば癒されていたい派です。

最近癒しの1枚(2枚組か)といえば、もっぱらコレです。



バート・バカラック作品集です。

しばらくは、この中から何曲か、

連休楽々更新モードです m(_ _)m

クリストファー・クロスで「ニューヨーク・シティー・セレナーデ」です。



Christopher Cross - Arthur's Theme (Best That You Can Do)

iTunes ダウンロード icon


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。