カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ドナルド・フェイゲン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

捻くれた独特の作風が、新緑を思わせるフレッシュさ?

5月のメインイベント、ゴールデンウィークは終わってしまい、

5月も中盤に差し掛かろうという週の幕開け、また今週も

始まった分けですが、今週のブログ★ラヂオはと言いますと、

GW中には、先週乗っからせてもらった「子供の日、端午の節句」

以外にも「みどりの日」なんていう祝日がありまして、今週は、

そこに着目して行ってみようかなと思ってます。5月といえば、

やはり新緑のシーズンってことになる分けで、緑に因んだ

音楽をピックアップして、また一週間お送りしていこうと思います。

で、本日の登場は、ドナルド・フェイゲン(Donald Fagen)、

曲は、「グリーン・フラワー・ストリート(Green Flower Street)」

のチョイスです。

で、まぁ、歌詞はコチラに掲載されてますが、タイトルに「グリーン」

が含まれているだけで、新緑の「緑」とは、まったく関係のない曲

なんですけどね、誰しもそのジャケットは見覚えあるだろうっていう

1982発表の名盤「ナイトフライNightfly)」収録の一曲となり、


多くの人に楽しんでもらえるのではってところです。

聴いたことのない人にとっては、この人独特のジャズのような、

ファンクのような、ロックのようでもある作風が、新緑から

連想されるフレッシュな感覚で聴いてもらえると思います。

(かなり苦しい理由付けではありますが・・・^^、

名盤「ナイトフライ」からは、過去にも数曲ピックアップして

るので、コチラ←クリックで表れるこの記事下方の記事でどうぞ)

「裏通りでは、殺人が起こるような街。夜にはネオンが瞬き

楽しむには最適なところ、恋人達にも特別な場所」っていう

「グリーン・フラワー・ストリート」という街の歌で、

まぁ、ラスベガスとか想像される分けですが、以前コチラ

過去記事でピックアップしたジャズのスタンダードナンバー、

「グリーン・ドルフィン・ストリート」を基にしているようで、

こちらの街は、いかにも清く明るい恋人の街になるんですけど、

ジャズ好きで、さらには、捻くれ屋のフェインゲンってことで、

逆オマージュってんですかね、捻くれつつも

「グリーン・ドルフィン・ストリート」を讃えてるってことに

なるんだと思います。

スティーリー・ダンの片割れ、ドナルド・フェイゲンについて

詳しくは、コチラのWikiをどうぞ。

ということで、緑に因んだ一曲、ドナルド・フェイゲンで、

「グリーン・フラワー・ストリート」です。



Donald Fagen - Green Flower Street






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

名盤のラストを飾る雨

ここのところは、雨が降りそうで降らないもどかしい

空模様、ひたすら蒸し暑い日々でしたが、今日は結構

まとまった感じで降ってます。それでも、まだ足りないかな~

という空梅雨気味の今年の梅雨事情となってますが、

今週のブログ★ラヂオは、この時期、やはりストレートに

雨にちなんだ音楽ということで、お送りして参りました。

前回、前々回は、マドンナに続きマライア・キャリーと

すこぶる著名人の登場で、少々下世話な感じもありましたが、

本日は、ある意味一番下世話かもしれないという、



↑ の誰もが一度は見たことがあるであろうジャケットの

アルバムに収録された、ドナルド・フェイゲン(Donald Fagen)

のナンバー、「Walk Between the Raindrops」、邦題が

「雨に歩けば」で行ってみます。

1982年発表のアルバム、ロック名盤ということでは、必ず

取り沙汰されることになる「ナイトフライThe Nightfly)」

ですけどね、その最後を飾る一曲として収録されてます。

印象としては、口直し的、中華料理店で食事をした後に

オマケでもらえるガムのような位置付けの曲になりますが、

まぁ、前回のマライアの結構シリアスな曲の後に、

こんな感じで落とすというのは、私の好きなパターン

だったりします^^

シャッフルビートを基調としていて、楽しい曲なんですけど、

やはり、ほろ苦いフェイゲンのボーカルとちょっと切ない詞の

内容(コチラのサイト様で原詞対訳を掲載されてます)が、

大人といった感じ、さらには、外は雨で、完全に晴れ晴れとは

いかなくても、気持ちは明るくみたいなところで、

ちょうどいい温度感の曲のようにも思います。

スウィング・ジャズのような趣もあり、ジャズ好きとして

知られるフェイゲンの面目躍如といった一曲でもあります。

ドナルド・フェイゲンはスティーリー・ダンのメンバー

(といっても、他に相方のウォルター・ベッカーがいるだけの

バンドユニットですが)、収録アルバムの「ナイト・フライ」は、

スティーリー・ダンとしての活動休止中に作成された、最初の

ソロアルバムで、ココでは、他に収録されている「I.G.Y.」(コチラ

と「New Frontier」(コチラ)を以前ピックアップしてます。

このアルバムを好きになるとですね、「オレってイケてる

音楽ファンなんじゃないの?」みたいな感じを抱かせてくれる

アルバムでもあります(笑、まぁ、スティーリー・ダン関連

の作品全般についても、それは言えてるってことにもなります。

ドナルド・フェイゲンについて詳しくはコチラWikiをご覧下さい)

ということで、ドナルド・フェイゲンの雨曲、お聴き下さい、

「雨に歩けば」です。



Donald Fagen - Walk Between the Raindrops






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

フロンティアサウンド@フェイゲン

Oh~、梅雨の晴れ間といった一日ではありましたが、

今週は、この時期、サラっとした肌触りの爽やかを通り越し、

無機質な印象すらするサウンドをということでお送りしてきました。

本日は、ドナルド・フェイゲン(Donald Fagen)の

「ニュー・フロンティア(New Frontier)」でお送りしていこうと

思います。

これは、ハーモニカが印象的だったり、ラリー・カールトンのギターソロが

絶品だったりする一曲で、それほど無機質なサウンドってことでもないの

ですが、でも、クールなリズムトラック、実際は、ドラム等は人が演奏して

いますが、シンセのウッチャカ、ウッチャカといった打ち込みの

サウンドと共に、無機質なものを感じてしまうものになります。

その無機質感のあるビートに支配されつつ、対比として、人肌の

ヴォーカルやピアノ、ハーモニカやギターが彩りを添えていくといった

感じの一曲です。

ドナルド・フェイゲンは、もちろん、あのスティーリー・ダン

メンバー。例によって、数々のミュージシャンをふんだんに使って

セッションし、その中からベストの演奏を抽出し、楽曲を仕上げていく

といった手法がここでも取られてる分けですが、

この「ニュー・フロンティア」は、スティーリー・ダンの活動休止中の

1982年に、ドナルド・フェイゲンがソロ・アルバムとして発表した

ナイトフライThe Nightfly)」に収録されてます。

(過去にココでは、このアルバムの中でも一番知られてると思われる

「I.G.Y.」をコチラで取り上げてます、ドナルド・フェイゲンについて

詳しくはコチラWikiを)

「ニュー・フロンティア」は、直訳すれば、「新たなる開拓すべき辺境の地」

とでもなりそうですが、貼らせて頂いたPVを見ると、それは、地下、

核シェルターってことのようです。

核シェルターの中での恋人との楽しい一時、でも、逃げ出してしまう

ガールフレンド、そして向かえるハッピーエンドってのが、

オシャレで楽しいPVになってます。あと、なんだろう、難しげな話ですが、

ケネディー大統領の「ニュー・フロンティア」政策を皮肉ってる

ってことでもあるようです。

ということで、また、週末というニュー・フロンティア(?)を向かえる

ことにもなりますが^^、良い週末を、ドナルド・フェイゲンで、

「ニュー・フロンティア」です。



Donald Fagen - New Frontier






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

冬のフェイゲン節

冬にちなんだ音楽を何曲か、ということでお送りしています。

前回はアズテック・カメラ、曲だけ聴いたら爽やかで、

どこが冬なんだってところでしたが、それじゃあ、ということで、

今回は爽やかさとはほど遠いドナルド・フェイゲンで、

「スノウ・バウンド」をいってみたいと思います。

サウンド的には、ミディアム・ファンク・グルーヴ、クリアなトーンで、

今回も、爽やかというか、冬の透明感といった感じも醸し出してますが、

でも、この捻くれたコードアレンジとメロディー、このボーカル

ということで、やはりニヒルなフェイゲン節が炸裂してます。

このどうしようもない独特のクセみたいなのに、一度はハマってしまった

経験のある人には、たまらない一曲であることでしょう。

1993年発表のアルバム、「カマキリアド(KAMAKIRIAD)」に収められていて、

確か、カマキリアド号という車に乗って旅をするというコンセプトで

作られたアルバムだったと思いますが、アップのPVは、ある未来都市に

たどり着いたフェイゲンが、人々をコントロールするタワーで「いたずら」

をしている様子なのかなと、勝手に解釈してみました。

いずれにしろ、なにを考えてるのか理解し難い人なんですけど、

前回登場したときに取り上げた「I.G.Y」もSFを題材にした曲という

ことで、SF好きであることに間違いはないのでしょう。

スノウ・バウンド」は、調べてみましたが、「雪で立往生した」

という意味のようで、当然あまり好ましい状況とは思われませんが、

このようにある種呑気な曲で奏でているところに、

この人の捻くれさ加減といったものが窺えるのではないでしょうか。

ドナルド・フェイゲンは、もちろんスティーリー・ダンの片割れと

いうことになり、この「カマキリアド」というアルバムは、

もう一人のスティーリー・ダン、ウォルター・ベッカーによって

プロデュースされていて、以降、しばらく休止していた

スティーリー・ダンとしての活動も復活してます。

まあ、スティーリー・ダンだろうが、ドナルド・フェイゲンのソロ

であろうが、実質的な音に違いはないのですけどね。

といったところで、ドナルド・フェイゲンで「スノウ・バウンド」です。



Donald Fagen - Snowbound

Donald Fagen - Kamakiriad - Snowbound




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ハマる危険な香り

今週は、一クセある、一ひねりの効いた音楽、アーティスト、

でもそこにオシャレを感じてしまう私って、みたいな感じで

進めているブログ★ラヂオですが、

本日はまさしくクセの固まり、捻くれオヤジといった様相の

ドナルド・フェイゲンの登場と相成ります。

といっても今回アップする「I.G.Y」という曲が

傑作の呼び声高い彼のソロアルバム「ナイトフライ」に



収められているというだけのことで、

ウォルター・ベッカーと共に結成するユニット、

スティーリー・ダンとさほど音楽的には温度差はありません。

このジャケット、お馴染みなのではないでしょうか。

ロック・ジャズ・ソウル・ファンクといった音楽から

美味しいところだけを抽出し、かき混ぜて、こねくり回して曲を書き、

優れたミュージシャン達に演奏を依頼し、

さらにそこから美味しいところだけ、かなりの時間をかけて抽出し

曲を仕上げていく方法は、ソロであろうがスティーリー・ダンであろうが

何の違いもありません。

そしてその全ての行程で彼の感性がいかんなく発揮されていて、

結果出来上がってきたものは、恐ろしく個性的、独特なものとなるわけです。

危険なのはこの音楽、一度解ってしまうと、

例えば珍味な食べ物と同様、ハマる可能性大なのと、

まあ、それだけなら良いのですが、スティーリー・ダンやフェイゲンに

ハマっているオレ(わたし)って…、もしかしてかなりイケてる音楽通、

みたいになり高飛車っぽいところで構えてしまうということです。

そういう人ってなんとなく見たことありませんか?テレビとかで。

もちろん私もそのけはあります(笑)

ハマる(甘く)危険な香りです。(山下達郎の歌にそんなのがありました)

以上の点に注意しておおいにハマっていただければ幸いかと思います。

(結局ハマるのかよ、みたいな)

それでは、ドナルド・フェイゲン、1982年のヒットで「I.G.Y」です。


映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

Donald Fagen - I.G.Y.What a beautiful world

あまり良い出来とはいえないライヴでの演奏はコチラ

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。