カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ソウル・R&B・ファンク 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ユル系ヒップホップの春心地グルーヴ

今週は、春らしい「春風に乗るグルーヴのサウンド」ということで

音楽を選んでお送りしています。

と言っても今日も晴れて気持ちが良いと思えば、にわかに曇りだし

雨が降り、さらには雷という変な天気の一日になってしまい、

なかなか天気の方は思い通りの感じにはならないですけどね。

そんな最中、本日選んだ春心地グルーヴの一曲は、デ・ラ・ソウル

(De La Soul)の「アイ・ノウ(Eye Know)」です。

ジャンルはヒップホップからってことになりますが、1989年発表、

彼等にとって記念すべき、そして、多方面の多くの人から称賛されている

傑作デビューアルバム「スリー・フィート・ハイ・アンド・ライジング

3 Feet High & Rising)」に収録されているナンバーで、

ヒップホップっていうと一般的なイメージとして、ガツガツと俺様的に

押しまくり攻撃的ってのがある分けですけど、このグループから受ける

主な印象は「ユルい」って言葉に代表されるもの、それまでの

ヒップホップのイメージを一新し、さらには、サンプリングといった

表現方法を芸術の域にまで高めたってことでその功績は多大な

ものがあります。25年も前の作品になりますけどね~、今聴いても

まったく古さを感じませんし、むしろ時代の方がやっと追いついて

きたような気もします。(詳しくはコチラのWikiを)

とは言っても、今回ピックアップの「アイ・ノウ」、思いもよらない

スティーリー・ダンからのサンプリングで、曲は「Peg」(以前コチラ

ピックアップ)を使用してますが、春らしい「ユルさ」をたたえた、

今週のお題通り、春風に乗るグルーヴのポップな一曲になります。

メインで貼らせて頂いてる映像はそのPVにないますが、キュートで

非常に印象的、デザイン的にも優れたジャケットと共に楽しめ

アルバム収録バージョンを最後まで聴けるYouTubeは、「続きを読む」

以降に貼らせて頂いてます。

ということで、お聴き下さい、デ・ラ・ソウルで、

「アイ・ノウ」です。



De La Soul - Eye Know




続きを読む
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

新年度、ポジティヴな生き方を穏やかに諭す感動的ナンバー

新年度を迎えた今週、新たな進路に進まれる方はもちろんのこと、

そうでない人にとっても、何となく気分が改まり、新しい生活が

始まるような気にもなる時期ということで、そんなブランニューな

気分の盛り上がる音楽をチョイスしてお送りしてきた今週の

ブログ★ラヂオ、本日は、デズリー(Des'ree)の

「ユー・ガッタ・ビー(You Gotta Be)」をピックアップして

行ってみます。

原詞及び訳詞がコチラのサイト様に掲載されてますが、読んでの

通り、新たな門出ってことでは、かなりハマるポジティヴで前向きな

ナンバー、「雨ニモマケズ、風ニモマケズ」じゃないですか、

人生を生き抜いていく上で、こうありたいって感じの内容が

歌われてます。因みに「You Gotta Be ~」は「アナタは~に

ならなくちゃ」っていう意味。「魅力的でありつつ、タフでクールに

勇敢になってチャレンジしていくのよ」といった内容ですけど、彼女の

スムースに伸びる低音の歌声で穏やかに諭されてるようでもあり、

さらには、感動的に歌われていて、そういった生き方をしようという

気持ちも湧き起こってくるってもんです。

デズリーはイギリスのポップ/ソウルのシンガーソングライター。

後のネオ・ソウルといったジャンルにつながっていくような

オーガニックな音楽性を有していて、深みのある穏やかな歌声と

歌い振りが癒し効果絶大のシンガーです。(詳しくはコチラWikiを。

過去にはコチラの記事で、こちらも代表曲の「Life」をピックアップ

しています)

この「ユー・ガッタ・ビー」は、1994年の世界的ヒット曲。2作目の

アルバム「アイ・エイント・ムーヴィンI Ain't Movin)」に

収録されてます。

ということで、ブランニューな週末を♪、デズリーで

「ユー・ガッタ・ビー」です。



Des'ree - You Gotta Be






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

新年度に迎える新たな日を力強く祝う

3月から4月へと切り替わる今週、日本の制度的には、

年度末から新年度へ、正月とはまた違う新たな気分での

スタートの時期になる分けでして、草花の芽吹き、桜の開花と

共に、新入生や新社員といった新のつく人はもちろんのこと、

それ以外の人にとっても、もう一度仕切り直してフレッシュな

気分になれるというのは、なかなか良い制度だと思います。

ということで、新たな人生の門出といった人も大勢いるこの時期、

「スタート気分をより一層盛り上げる音楽」をピックアップして

今週のブログ★ラヂオはお送りしていこうと思ってます。

本日チョイスするのは、アリシア・キーズ(Alicia Keys)の

「ニュー・デイ(New Day)」です。

2001年、いきなりR&Bのトップ・シンガーへと名乗り出た

衝撃のデビュー以来、順調にキャリアを重ね、今や中堅大物

シンガーの佇まいを存分に漂わせているアメリカのシンガー

ソングライター、アリシア・キーズ(詳しくはコチラのWikiを)、

この「ニュー・デイ」は、現段階での最新作となる2012年発表、

5作目のスタジオアルバム、「ガール・オン・ファイア

Girl on Fire)」からのシングルカットナンバーです。

彼女の力強い歌声で「さぁ、新しい日をお祝いしよう!」と

歌われている、新たなスタート、「いっちょやったるか!」って

気分を大いに盛り上げるには、打って付けの一曲になるかと思います。

(原詞及び訳詞はコチラのサイト様に掲載されてます。さらには、

50セントのラップによる、こちらも力強いヒップホップバージョンは、

コチラからどうぞ)

ということで、お聴き下さい、アリシア・キーズで

「ニュー・デイ」です。



Alicia Keys - New Day






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

卒業~昨日に別れを告げるアカペラ

「暑さ寒さも彼岸まで」などと申しますが、お彼岸が過ぎて

逆に寒くなってしまった今日の天気でしたけどね、でも、今年も

春がやって来たことは、先週辺りからすでに確信済みですし、

ひょっとして、これでまた暖かくなったら桜の花も一気に満開と

なる雰囲気もあります。

そんなところで、迎えた今週、また新たなテーマで、音楽をチョイス

していくブログ★ラヂオってことになりますが、今はやはり「卒業」

のシーズン、今週は、「卒業」をテーマに曲を選んでお送りして

いこうと思ってます。

本日選んだのは、ボーイズII(トゥ)メン(Boyz II Men)の

「グッバ イ・トゥ・イエスタデイ

(It's So Hard To Say Goodbye To Yesterday)」です。

1991年発表の記念すべきデビューアルバム

クーリーハイハーモニーCooleyhighharmony)」からの

ヒットで、全米シングルチャート2位を記録しています。

デビューからしてすでに大人気のコーラスグループであった

分けですが、以降も順調に成長を続け、数々のナンバーワンソングを

有する90年代に一時代を築き上げたビッグなグループです。

(詳しくはコチラの公式サイト、もしくはコチラのWikiを)

ココでは、過去にコチラで、やはり卒業をテーマにした時、

ボーイズIIメンの大ヒット「End Of The Road」をピックアップして

ますが、「道の終着」っていうタイトルと曲調が卒業っぽいって

ことで選んでると思うんですけど、内容的には、恋人との関係が

行き詰まり、終着に達してしまったと歌われていて、卒業とはあまり

関係ない感じのもの、記事もコジツケっぽくなってますけどね^^;、

今回の「グッバ イ・トゥ・イエスタデイ」は、原詞及び訳詞

(さらにはこの曲について詳しく)がコチラのサイト様で掲載されて

ますが、英タイトル通り「昨日までの日々に別れを告げるのが辛い」

っていう歌で、今回は、まさに「卒業」に相応しい一曲です。

収録アルバム「クーリーハイハーモニー」の元になってると思われる

日本未公開映画「Cooley High」の挿入歌で、オリジナルは、

ザ・スピナーズのリード・シンガー、G.C.キャメロンによるもので

コチラ)そのカバーになります。

ということで、全編アカペラで歌われ、人気実力共に兼ね備えた

コーラスグループとしての真価が発揮されているナンバー、

お聴き下さい、ボーイズIIメンで、

「グッバ イ・トゥ・イエスタデイ」です。



Boyz II Men - It's So Hard To Say Goodbye To Yesterday






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

シルキー&スムースなウキウキ気分の春ーさー

来週は寒さの寄り戻しがあるようなことテレビで言ってて

ちょっと残念な感じではありますが、今週は概ね暖かい日が

続き、ようやくと訪れた待望の春、気分はウキウキと盛り上がる

一週間となり、そんな「春の訪れ気分」に相応しい音楽を

チョイスしてお送りしてきた今週のブログ★ラヂオ、

本日お送りするのは、ルーサー・ヴァンドロス(Luther Vandross)、

1986年のヒット(全米R&Bチャート1位、総合チャート15位)で、

「ストップ・トゥ・ラヴ(Stop To Love)」です。

5作目となったアルバム「ギブ・ミー・ザ・リーズン

Give Me the Reason)」収録の一曲です。

主にバラードの曲の方が人気がるタイプの実力派シンガーって

感じですけどね、この曲のように明るくテンポのよいナンバーも

難なく歌いこなしますし、よくフィットしていて、唯一無二、

ルーサーのシルキーでスムースな歌声に酔いしれ、盛り上がる

春のウキウキ気分となれば幸いといったところです。

ミスター・ブラコンって感もありますが、当時隆盛だったR&Bの

一ジャンル、ブラコンの牽引役を担った、ルーサー・ヴァンドロス、

この「ストップ・トゥ・ラヴ」も、いかにもといったブラコン・サウンドで、

打ち込みによるシンセベースがビヨンビヨン言ってる分けですが、

共同でプロデュースを担当しているのが、ルーサーの盟友的存在の

マーカス・ミラー、本来であれば、マーカスお得意の妙技、

跳ねたノリのスラップベースであって欲しいなんて思うところなんです

けどね、ここでは、やはり当時流行の打ち込みによるシンセサウンドの

方が優先されたってことになりそうです。

で、そんなサウンドには、やはり懐かしさも感じてしまうものの、

ルーサーの歌声に関しては、先にも触れた通り唯一無二、

ワンアンドオンリーな歌声は、いつの時代でも輝き続けています。

(ルーサーについて詳しくはコチラのWikiを)

残念ながら既に故人となられてる分けですが、この時期、今回こうして

登場しているってことでもありますし、明日のお彼岸には祖先と共に

偲んでみるみたいな選曲にもなるかと思います。

ということで、良い連休、良い週末を♪、ルーサー・ヴァンドロスで、

「ストップ・トゥ・ラヴ」です。



Luther Vandross - Stop To Love

← ライヴバージョンになります。




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。