カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「レオン・ラッセル 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

土の香りのシンガーソングライター

「もの思う秋」に、いつも一人で思い悩んでいる感じのする

基本孤独な、もの思うシンガーソングライターということで、

今週はやらせてもらいました。

本日は、最近エルトン・ジョンと共作したアルバムを発表したりで、



話題になってる・・・というかあまり話題になってる様子もないの

で残念ではありますが(笑)・・・レオン・ラッセルの登場ということで

行ってみたいと思います。。

レオン・ラッセルは、アメリカ、オクラホマ州出身、

キーボーディストとしてレコーディング、セッションミュージシャン

としても活躍した後、ソロ・アーティスト、シンガーソングライター

として、最初はウェスト・コーストの地、ロサンゼルスで、

知られるようになりました。

でも、演奏していた音楽は、アメリカ南部のルーツ・ミュージックを

基本にしたもので、サザン・ロックなんて言われてますが、

それをさらに泥臭くしたようなスワンプ・ロックとも呼ばれ

るもので、その代表格のアーティストということになります。

で、本日の一曲は、そんなスワンプ・ロックテイストな、

ご機嫌でノリノリなナンバー、「デルタ・レディ」です。

とにかく、スタンダードと呼ばれるような、それこそ、

カバーしている人が大勢いる「ソング・フォー・ユー」、

「マスカレード」、「スーパー・スター」・・・等々といった

数々の名曲の作者でもあるレオン・ラッセルではありますが、

どちらかというと、しっとり系の曲で多くの人に

知られているということになるようです。

(しっとり系の代表曲「ソング・フォー・ユー」は、

過去にアップしてます、コチラでどうぞ)

が、本日は、ノリノリ、スワンプ・ロックの「デルタ・レディ」

ってことなんですけど、ソング・ライティングの巧みさは

やはり、しっかりと感じさせるいい曲であろうと思います。

まぁ、こんな感じで、ご機嫌な週末を、ってことでいかがでしょう^^

なんだか、このダミ声といい、サザン・オール・スターズを

私は思い出してしまうのですが、桑田佳祐に与えたこの人の

影響というのは、きっと絶大なものがあるんじゃないでしょうか。

ということで、これは、1970年発表の彼の名前を冠した

デビュー・アルバム「レオン・ラッセル」に収録されている一曲になりますが、

レオン・ラッセルで、「デルタ・レディ」です。

それにしても、演奏が終わった後の静寂はなんなんでしょう(爆)



Leon Russell - Delta Lady

Delta Lady - A Song for You




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ダミ声、強面の名曲メーカー

昨日より1970年代の名曲をピックアップしているブログ★ラヂオ、

本日は、カーペンターズのカバーで有名な「ソング・フォー・ユー」、

「スーパースター」「マスカレード」やそれ以外にも「タイト・ロープ」等

数々の名曲を世に送り出した人として知られるシンガー・ソング・ライター、

レオン・ラッセルです。

この人、顔怖い、声悪いといったせいでしょうか、

メジャーでの人気はいまひとつといった感じですが、

これほど多くの名曲というかスタンダード・ナンバーの作者でもあり、

豊かな才能の持ち主であるということは間違いないと思います。

どちらかというと、ミュージシャンに愛されるミュージシャン、

ミュージシャンズミュージシャンっていうんですか、

そんな要素が濃い人なのではと思います。

本人の歌声というよりもカバーされたものを耳にすることの方が多いです。

ということでですね、ここは一つ思い切って、顔怖い、声悪いレオン・ラッセルの

ビデオを見ていただこうと思いますが、

いやいや、私このビデオ、吸い込まれるように見入ってしまいました。

強力に訴えかけてくるものがあると思います。

真に迫ってくるものがあるというか、

才人としてのオーラを放っているというのか、そんな感じです。

パフォーマーとしても素晴らしいと思います。

それでは、1970年作、レオン・ラッセルで「ソング・フォー・ユー」です。



Leon Russel - A Song for You

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。