カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ハービー・ハンコック 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

大盛り上がりのはち切れアドリブプレイ

今日は一日雨模様、久々に、さほどの暑さを感じることなく

過ごすことができ、ほっと一息といったところ、いよいよ

夏も終わるのかなぁという気もして参りました。

まぁ、それでも蒸しますし、まだまだ油断大敵ではあるので

しょうけどね、そんな最中の今週のブログ★ラヂオは、

夏の終わりにもう一盛り上がり、「ジャズフェス」を開催し

お送りして参りました。

本日は、ハービー・ハンコック(Herbie Hancock)の

カルテットの演奏で、「カンタロープ・アイランド

(Cantaloupe Island)」のピックアップです。

ココでは、以前コチラで、US3のヒップホップカバーに

よりヒットしたバージョンを取り上げてますが、今回は、

本家の演奏をお聴き頂くことになります。

とは言っても、1964年発表のアルバム「エンピリアン・アイルズ

Empyrean Isles)」に収録されたものが初演となる分け

なんですけど(コチラで聴けます)、そのブルージーな演奏に

比べると、かなりファンキーなものへとアレンジを変えた

ライヴのYouTube映像を今回は貼らせて頂いてます。

1991年、日本で行われた「Live under the sky」の模様に

なります。

とにかく盛り上がる演奏ってことなんですけどね、まず最初に

ソロをとるのは、ウェイン・ショーター、この人は、1950年代から

活躍していますが、アート・ブレーキーやマイルスのバンド、

ウェザー・リポート、さらには、スティーリー・ダンの名曲

「エイジャ」でサックスを吹いてるのがこの人だったりするんです

けど、ハービー・ハンコックとは旧知の仲、共にずっと第一線を

歩んできたジャズ・ジャイアントと呼べる存在になりますが、

どちらかと言えばアドリブでも音を一音一音選んでフレーズを

組み立てていくような知的でアーティスティックな演奏を得意と

するプレイヤーではありますが、ここでは、いきなりのはっちゃけ、

そして始終はっちゃけた演奏を繰り拡げていて、そのハチ切れ振りに

スタンディングオベーションで敬意を払う日本人オーディエンスも

素晴らしいって感じで演奏は進んで行き、そこに刺激を受けた

様子で、以降のハービー、スタンリー・クラーク(ベース)、

オマー・ハキム(ドラム)の怒濤の場外乱闘的ソロへと雪崩れ込み

大盛り上がりの内に幕を閉じるといった演奏になってます。

やはりジャズ・ジャイアントな存在(前回チョイスした映像でも

冒頭にチラっと映ってますが、笑)のハービー・ハンコックを

はじめ(詳しくはコチラ)、いずれもがその名を馳せている

オールスターキャストのバンドでもあります。

ということで、ハービー・ハンコックのカルテットの演奏

お聴き下さい、そして、良い週末を♪

「カンタロープ・アイランド」です。



Herbie Hancock - Cantaloupe Island





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ロボット?ヴォコーダです

ここ何ヶ月間はですね、夜になると、それも深夜にかけて、

あしあと巡礼を毎日のように繰り返しているのですが、

最近はここにも訪れてくれる人が多くなりありがたい限りです。

ありがとうございます。

で、そんな時にかかせないのが、BGMということになりますが、

割と、ハードなのから、ソフトなのまでなんでもOKなんですけど、

そんな聴き方が最近の主流ですね。ヘッドフォンをつけてとか、

スピーカーと面と向かって、集中してなんてことはないです。

ただ、聴いてる時間はお陰様で、間違いなく増えてます。

CDラジカセが一つ壊れました。

ま、それはそれ(泣)ですが、BGMといえば一般的に、

当たり障りなく、心地良ければそれで良しです。

そんな感じで、今週は、ゴールデン・ウィーク、ドライブの

お供にフュージョンといった趣のブログ★ラヂオですが、

本日は、フュージョンというよりも、ジャズ・ファンクいや

ディスコかな、ハービー・ハンコックなんですけどね。

ひたすら気持ちよさという観点で選んでみました。

ちゃらら~、アイ・ソウト・ワズ・ユ~っていうサビへと

展開する部分になんとも言えない開放感を感じてしまう、

サンライト」というアルバムに収められてます、

ハービー・ハンコックで「アイ・ソウト・イット・ワズ・ユー」です。



映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

Herbie Hancock - I Thought It Was You

※歌なのだか楽器なのかよくわからない装置は、

ヴォコーダと呼ばれるものです。

この場合楽器と判断した方がよさそうです。





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ヒップ・ホップなジャズでロック・イット

本日も引き続き80年代を彷彿とさせる、

いかにもMTVといった感じのビデオ、

ハービー・ハンコックで「ロック・イット」です。

ハービー・ハンコックといえば知性派、ジャズ・ピアニストということに

なりますが、前々回の知性派ロック・ミュージシャンである

ピーター・ガブリエル同様、80年代にはこのようなことをやっていました。

ただ、彼の場合それ以前にもヘッド・ハンターズなるバンドを

結成して、ファンク・ミュージックに本格的に取り組んでいた

という経緯もあり、ここでこのようなバリバリのヒップ・ホップをやっても

さして驚きというほどのことでもありませんでしたが。

むしろ、ジャズとヒップ・ホップって相性いいじゃんって思ったりします。

実際ヒップ・ホップの手法を大幅に取り入れたジャズというのは、

これ以降たくさん出てますし、そういった音楽が私のツボだったりします。

と、まあそれはさて置いてですね、

ここで聴けるヒップ・ホップ・サウンドはいかにも80年代的なものです。

現在のサンプリングやループといった手法で作られたトラックとは違うもので、

あくまでも打ち込みを主体としたサウンド作りになってます。

そして、なんといってもスクラッチでしょう。

この「キュコ、キュコ」といった感じに時代を感じてしまいます。

それでは、1983年のヒット、ハービー・ハンコック、

アルバム「フューチャー・ショック」からのシングル・カットで、

「ロック・イット」です。


Herbie Hancock, Rockit, 1983
アップロード者 harrison73. - 音楽動画、アーティストのインタビュー、コンサートやその他色々。

映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

Herbie Hancock - Rock it




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。