カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ピーター・フランプトン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

あれは何だったんでしょうね~ピーター・フランプトン

引き続いての70年代なのですが、

1976年に爆発的に売れまくったピーター・フランプトンのライブ・アルバム

フランプトン・カムズ・アライヴ!」、



そこからシングル・カットされた「ショウ・ミー・ザ・ウェイ」が本日アップの一曲です。

それにしてもです、基本日本人の私にはこのライブ・アルバムが

何故これほどまでに売れたのかよく分かりません。

ネイティブにアメリカで育った人でないと理解するのは難しいと思います。

ただ、このアルバムと次に出たアルバムが余波でそこそこ売れたぐらいで

その後は姿を消しています。

まあ一発屋といえばそうなのかもしれませんが、

LP(当時)2枚組のライブ盤をメチャクチャ売った一発屋というのは、

ピーター・フランプトンが最初で最後だと思います。

このアルバムに関して言えば、

ほど良くロック、ほど良くポップで他にあまり類を見ない、

すぐれた作品であることに間違いはないと思います。

が、それだけに一発屋として売れるため本当に必要なガツンとくるような

フック(引っかかり)には欠けているように思います。

しかもLP盤2枚組、結構高価です、

にもかかわらず驚異的な売り上げを記録しています。

分かりません。何でだろう、何でだろう、何でだ何でだろう?(これも一発屋でしたね)



映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

Peter Frampton - Show Me The way

iTunes ダウンロード icon


PS Wikipediaで調べてみたのですが活動はづっと続けているらしく

最近ではインストルメンタルなギタリストとして活躍していて

2007年にはグラミーにも輝いてるそうです。でも、本当に彼には

失礼なのですが、このくらいの知る人ぞ知るといった

ジミな活躍の方がしっくりくるように思います。


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。