カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「スタイリスティックス 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

愛のために小さな愛を

イベント事には乗っかり、音楽をチョイスして更新を続ける

ブログ★ラヂオ、今週は、バレンタインデーをテーマに

お送りしています。

本日は、スタイリスティックス(The Stylistics)の登場で、

「Give a Litle Love For Love

(ギヴ・ア・リトル・ラヴ・フォー・ラヴ)」のピックアップです。

前回は強烈アピールのチョコということでしたが、

今回は、穏やかな、いわゆる義理チョコにも通じるチョコといった

ところ、「愛のために小さな愛を与える」っていうタイトルの曲です。

男女間で言えば、小さな愛の積み重ねが大きな愛につながるってこと

にもなりますかね~。

または、身近な人達と良好な関係でいることも、一つの愛だとすれば、

円滑に保つため、小さな愛であるチョコを渡す(配る)行為も、それは

それで良いことなのでは、というバレンタインの風習を前向きに捉えた

意味での「愛のために小さな愛を与える」というタイトル曲の

ピックアップになります。(歌詞はコチラに掲載されてます)

スタイリスティックスは、1970年代に絶大な人気を誇ったアメリカの

ソウル・コーラス・グループ。甘茶ソウルなどとも呼ばれてますが、

スウィートで伸びやかなファルセット・ヴォイスのリード・シンガー、

ラッセル・トンプキンスJr.が歌う、特にバラード曲が耳に残り、

特徴的なグループです。まぁ、スウィートなバレンタインには、

もってこいなグループってことでもあります。日本でも大いに

人気があり、今でも多くの愛好家がいると思われますし、

現在でも活動は続けられてます。

(詳しくは、コチラWikiを、コチラは公式HP、過去の記事では、

コチラ下方で、代表曲の「誓い」や、キムタクのCMでも知られる

ことになった「愛がすべて」をピックアップしてます)

この「Give a Litle Love For Love」は、人気も下火となった

80年代に、復活ののろしを上げた1984年作のアルバム

「Some Things Never Change」に収録された一曲で、彼等にピタリと

ハマった楽曲自体素晴らしいですし、あのファルセット・ヴォイスと

コーラス・ワークは全盛時そのままです。

アルバム「Some Things Never Change」は、ニュー・エディションを

抱えていたことで知られるニューヨークのインディーズ・レーベル、

Streetwiseから発売されたもの。今では、そこから出されていた

もう一枚のアルバム、「A Special Style」とカップリングされ

CD一枚にまとめられた、「Streetwise Recordings」として

販売されてます。

というこで、バレンタインデー前ということでは、これが最後の

更新になりますけどね、良いバレンタインデーを♪

スタイリスティックスで、「Give a Litle Love For Love」です。



The Stylistics - Give a Litle Love For LOVE






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

シタールってインドの楽器ですよね

さて、今日は土曜日、今週一週間続けてきた、

ブログ★ラヂオの SPECIA☆DANCE WEEK も本日をもって

とりあえず一時閉店ということでございます。

ラスト、チーク・タイム、つのだ☆ひろ、

「メリー・ジェーン」ではないですが、

いやさすがにそれはないですね、

スタイリスティックスでいってみたいと思います。

イントロのエレキ・シタールっていうんですか、

もうそれだけで、うわっスタイリスティックスって感じですけど、

ま、土曜日なだけにこれから遊びに行こうという人には、

何か違うかな~、という感もありますが、

スタイリシティックス、1973年のヒット、「誓い」です。



The Stylistics - You Make Me Feel Brand New






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

引き続きフィラデルフィアのコーラス・グループ

ということで今日もフィリー・ソウル、スタイリスティックスで「愛がすべて」。

1970年代初期の頃ですか、日本でもかなりの人気があったのを憶えています。

ラジオの洋楽ヒット・チャートをよく賑わせていました。

その頃の私といえばロック少年で、なんだこの軟弱な曲はと思いつつ、

好きなアーティストの登場待ちという感じで退屈しながら聴いていたものでした。

良い曲はやっぱり良いと思えるようになった今となっては、

ただ懐かしいだけの思い出ですが、その頃そうしてあまり好きでない

アーティストでも無理矢理聴いていたのが、

今ここにきてこうして役立っているようにも思います。

で、ヴァン・マッコイのアレンジでゴージャスなこの「愛がすべて」ですが

最近はギャビーのCMでキムタクが踊ってたのを見て皆さんお馴染みだと思います。

では、そうぞ。



The Stylistics - Can't Give You Anything (But My Love)






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。