カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ボズ・スキャッグス 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

やっぱアダルトと言えばの定番

週の冒頭の「成人の日」にかこつけて、

今週は、私が、20才の頃、やっぱ大人になるっていうのは、

こんな感じがカッコイイのだろうなぁと思い、

漠然とした憧憬を持って、聴いていたアーティストを

取り上げさせてもらっている分けですが、

本日は、ボズ・スキャッグスで行ってみたいと思います。

苦み走った、渋い大人っていうんですかね、

まさに、アダルティーな感じがするのですが、

正直、高田純次似であることも否めないところです(笑)

前回は、ブラコンということでしたが、それと並行するが

ごとく流行った、AORということに今回はなります。

70年代後半辺りの当初は、ソフト&メローと言われてたように

思いますが、その発展形といった感じになります。

ブラコンがソウル・ミュージックを都会的にソフィスケイト

したものであるとすれば、AORは、ロックを同様な感じに

したものでもあり、さらに、ロックと黒人音楽との融合が

より図られたものということになります。

80年代というのは、そういった、ソフィスケイトと融合が

推し進められた時代でもあったように思います。

(・・・でも、ここで言うAORとは、日本独特の間違った

使い方のようで、アメリカでは、一般にACと言われて

いるようです。詳しくはコチラでどうぞ)

で、本日選んだのは、「ウイ・アー・オール・アローン」、

昔は邦題もあって「二人だけ」と付けられてます。

「私達は皆孤独」と訳してしまいそうですが、

やはり、邦題どうりの意味で「私達は全くの二人きり」

というか、すなわち「二人だけ」ということになります。

(原詞、訳詞はコチラでどうぞ・・・ってか今回は映像にも

出てきます。そして、この曲について詳しくはコチラで)

ほとんど、スタンダート化している名曲ということに

なると思います。1976年発表の、AORの幕開け的な意味

で重要というか、ポピュラーシーンにおいても名盤と

言われて久しいアルバム「シルク・ディグリーズ」に

収録されている一曲です。

拝借させてもらった映像は、なんだか、息白っ!

って感じですけどね、まさにこの時期ということで

臨場感(?)があって、良いのではないでしょうか(笑)

ということで、まったりとした週末をお迎えください

って感じになりますか(笑)、ボズ・スキャッグスで

「ウイ・アー・オール・アローン」です。



Boz Scaggs - We're All Alone

We're All Alone - Boz Scaggs: Greatest Hits Live ← ライヴバージョンになります




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ウキウキ、ご機嫌、春のシャッフル・ビート

さて、先週は春のソウル(韓国ではない)ということで、

やってみましたが、今週の春シリーズはもうちょっとロックっぽいとこ、

といってもソフィースケイトされた、世間ではAORなんて呼ばれたりも

しますが、そんな感じの、まぁAORに限らず、個人的にこりゃ春らしい、

オシャレだと思うところを何曲か連ねてみたいと思います。

ということで、AORという言葉も出てきたことだし、本日は、

とりあえず定番のボズ・スキャッグスでいってみたいと思います。

曲は、「ブレイクダウン・デッド・アヘッド」、1980年発表の

アルバム「ミドル・マン」に収められた一曲です。

ズッカ、ズッカ、ズッカ、ズッカ、という、三連符の中を抜いたようなノリ、

そのまんま、中抜き三連なんて言いますが、いわゆるシャッフルのノリ、

ブルースでは普通に出てくるやつなんですけど、そんな跳ねたビートが、

春らしいウキウキとした感じを醸し出していることと思います。

ただ、「ブレイクダウン・デッド・アヘッド」とは、行き止まりとか、

どん詰まりとか、そんな意味になるのかな。

まぁ、訳詞は、今回はビデオの字幕でも表示されるのですけど、

彼女との関係が行き詰まってしまっていることが歌われているようで、

歌詞の内容は、さほどウキウキっていう分けでもないようです。

それと、気になったのが、ギターが、ケビン・デュークスって最後の

方で紹介されてるんですけど、実は、この人については、残念ながら

まったく知らないと言っていいのですが、アルバムに収録されているものは、

スティーヴ・ルカサー、言わずと知れたTOTOのギタリストの名演が

収められていて、ここでも、その美味しいフレーズは大体コピーされている分けで、

ルカサーじゃないにしても、好感の持てるギター・プレイにご納得いただける

ことと思います。

ということで、若き日のボズ、高田純次という声も聞こえてきそうですが・・・(笑)、

「ブレイクダウン・デッド・アヘッド」です。



Boz Scaggs - Breakdown Dead Ahead

↓ライヴ・バージョンです。
Boz Scaggs - Boz Scaggs: Greatest Hits Live - Breakdown Dead Ahead




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

AOR~ボズ・スキャッグス

昨日はソフト&メローなフリートウッド・マックということでしたが、

さらにこのソフト&メローと呼ばれるジャンルの音楽が、

黒人音楽との融合を深めることでAORと呼ばれるようになっていった、

なんてことをちらっと書きましたが、

本日はそんなAOR(詳しくはコチラ)の立役者、ボズ・スキャッグス

で、アルバム「シルク・ディグリーズ」からの

選曲で「ロウ・ダウン」です。



ただここでことわっておきたいのは、

黒人音楽との関係を深めることでAORと呼ばれるようになった、

という部分です。別に黒人音楽臭のほとんどしない、

クリストファー・クロスのような人もこのジャンルに属するんじゃない、

なんていう人もいると思います。確かにそうなのですけどね。

でも、私の意味したいところは、黒人音楽というかブルース臭というか、

そんなフレーヴァーが加わることで、より大人っぽさが増し、

すなわちよりアダルトっぽくなり

文字通りAORといった感じがしてくるのです。

思うに、このブルース臭というヤツが曲者で、

これを好むか、好まないかで音楽の趣味は二分されてきます。

ハード・ロックで言えば、エアロ・スミスはするけど、

ボン・ジョヴィはしないとか、日本で言えば、桑田佳祐にはするけど、

小田和正にはしないとか。まあ、どっちがどうこうというつもりはないですが、

音楽に抒情的なもの、さらには美しいものを多分に求める人は、

このブルース臭をあまり好まない傾向にある

ということが言えるかもしれません。

何で汚す必要があるの?

音楽は綺麗ですっきりとしたままでいいじゃん、みたいな。

ブルース臭、確かに暗いし、重たい感じするし、なんか汚い、みたいな感じで、

良いイメージはないですが、これが加わることで、香りが引き立ち

艶やかさを増し、鮮やかで尖っていたものが、くすむ感じにはなるけれども、

深みを増し丸みを帯びるといった感もある分けです。

で、ボズ・スキャッグス。

元々白人ブルース・マンの彼、バックの演奏がどんなにきらびやかに、

都会的になろうともこのブルース臭を絶やすことなく漂わせます。

そんなところが好きな人にはウケるのだと思います。

また、この頃のボズの場合、バックが後にトトを結成する

きっちりとした綺麗な演奏するのが得意なメンバーということもあり、

ブルース臭をあまり好みとしないロック・ファンにも

幅広くウケたという面もあるかもしれません。

それでは、ボズ・スキャッグスで「ロウ・ダウン」です。



Boz Scaggs - Lowdown

なんか変なところで終わってしまうビデオでしたね。

なので、もっとAORな感じのスタジオ録音版はコチラで聴けます。

↓ライヴ・バージョンでよろしければ
iTunes ダウンロード icon

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ジョジョ(奇妙な冒険ではないです)

スティーヴ・ウィンウッド、アル・クーパーと

やや軟派系でちょい男前、ヤサ男風みたいなのが続いてますが、

今日もその路線で伊達男、ボズ・スキャッグスで曲は「ジョジョ」。

いかにもチョイワルオヤジが喜びそうって感じですが、

今の若い人達にはどう映るのでしょう?

私ですか?もちろんルネッサーンス!って感じです。

(スミマセン、この程度のことしか言えなくて…)



Boz Scaggs - Jojo

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。